歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

歯間ブラシのススメ

更新
歯ブラシのイメージ この前、突然歯が痛くなり歯医者さんで診てもらいました。
それは、私の生活習慣に問題がありました。
私は甘いものが好きで自宅にいる時はもちろんのこと、会社でも甘いものをよく食べています。
ケーキ、チョコレート、飴、スイーツなど同僚と話をしながら、無意識のうちに口にすることも少なくありません。
またそれ以外にも、仲間とよくする女子会でも同じように甘いケーキ、ジュースなどを食べることが多かったです。
女の子は甘いものが好きな人が多いようですが、私もその典型でした。
甘いものを好きなこと自体、それはそれで特に問題はなかったのですが、問題はその後にあります。
そうです、私には歯磨きをする習慣があまりありませんでした。
歯磨きは毎日1回で、それも数分程度の簡単なものです。
これでは虫歯になっても当然かもしれません。
その歯医者さんでは事前にアンケートがありましたが、その項目の中に歯磨きをする回数や時間などもありました。
私は寝る前の1日1回と書きました。
先生はそれを見て、「1日1回は少ないです、できたら朝も磨いてください」とアドバイスしてくれました。

私は先生のアドバイスを聞いて、歯の大切さを思い知らされました。
また先生は、こうも言ってくれました。
「歯ブラシで磨くだけではなく、歯間ブラシも使ってください」
歯ブラシだけでは歯表面と裏側しか磨くことができず、歯の隙間にはまだ虫歯菌がたくさん残っているそうです。
私の今回の虫歯は、歯の隙間に残っていた虫歯菌が原因のようでした。
さすがに、歯間ブラシのことまでは思いつきませんでした。
歯間ブラシはお年寄りの方がするものかと思っていましたが、そんなことはないんですね。
私のように若い人でも毎日する必要があるそうです。
歯磨きをした後、またする前に歯間ブラシで歯の隙間の虫歯菌を落とすことが大切です。
今回の先生のアドバイスを受け、それからは歯磨きと一緒に歯間ブラシでのケアもしっかり行っています。