歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

本当の虫歯知らずになれた

更新
虫歯 甘い物や歯に詰まりやすいスナック菓子など、如何にも歯に悪いという食べ物が大好きで、歯磨きに関しても適当に磨いて過ごす日々でした。
そんな虫歯になってもおかしくない生活を送っていた自分ですが、なんとこれまでは虫歯になったことがありませんでした。
家族も虫歯知らずだったので、きっと遺伝なのでしょう。
食べ過ぎていると、家族がストップをかける環境も影響していたかもしれません。

しかし一人暮らしを始めて、家族など止める人がいなくなってしまった最近は生活態度が悪化して、今まで以上に好き放題にお菓子を食べては寝るまで歯を磨くどころかゆすぐことすらしない生活に変化し、あっという間に虫歯ができてしまいました。
気づいたのは、「子供の虫歯の治療に苦労している」という社内の先輩との会話の流れからです。
昔から自分は虫歯知らずだったことを伝えると、「そうやって油断してたらイキナリなるかもよ」と揶揄われたことが不安で、歯医者に行ってからでした。

今まで虫歯ができなかったおかげで、ほとんど歯医者を訪れたことがない自分は、大人になった今でもかなり苦手です。
実際、生活に支障は出ていないので「行かなくても良いのでは」と、予約をわざわざ取り消してもらうか悩んだこともありました。
でも、虫歯だらけの男はかなり印象が悪いと踏み留まり歯医者で診てもらった結果、予想通り虫歯が見つかってしまいました。

虫歯の状況はできたばかりの初期段階で、治療自体はあっさり終了しました。
虫歯治療は痛みをこらえながら何日も通うことになるのではと怯えていたのですが、さほど進行していないこともあって拍子抜けするくらい早く終わりました。
歯医者では、治療が終わってから一度虫歯になるとできやすくなるからと、正しい磨き方を指導してもらいました。
そのおかげか今では本当の虫歯知らずで、定期的なメンテナンスに通うようにした歯医者でもお墨付きをもらうほどです。
虫歯は、発見が早ければ早いほど治療にも苦労せずに済みます。
自分も歯磨きや食生活に気を付けていれば、そもそも虫歯にならずに済んだのではないか、と後悔しています。
これからも、歯の健康維持に気を付けるつもりです。