新小岩周辺ささき歯科 ホーム
歯科医院コラム
自分のせいで子供に痛い思いをさせるハメに・・・

歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

自分のせいで子供に痛い思いをさせるハメになってしまった

更新
子供の虫歯 私は現在、30代そこそこの会社員です。
自分が歯医者に行かずに後悔したことは、3歳の息子に虫歯の苦しみを味合わせることになってしまったことです。
虫歯自体は学生時代からの付き合いで、治しては再発するという繰り返しでした。
現在は特に痛みもないので、最近ではずっと放置している状況が続いていました。
息子に虫歯が発生するなんてことがなければ、きっと重症化しても放置していたのではないか、と思うほど当時は無頓着でした。

そして息子が虫歯になってしまったのは、恐らくですが自分が食事の際に使用した箸などで、息子に食べさせることもあったためです。
当時は深く考えずにやっていたことでしたが、虫歯のある自分が口をつけたものなのですから、虫歯菌が付着しているのは当たり前で、そんな箸で食事をさせれば虫歯菌がうつるのも当然ですよね。
実際、他にも虫歯になる要因はあったのかもしれませんが、歯磨きは妻がきっちり確認してあげてましたし、菓子類なども好き放題に食べさせることはしていなかったので、自分が一番の原因だったのではと今でも悩んでいます。

息子が「痛いよ」「恐いよ」と泣きながら歯医者に行くのを見て、自分は幼い息子になんてことをしてしまったのだ、自分がもっと自分の歯に気を配っていれば息子に辛い思いをさせることはなかったのに、と凄く後悔しています。
今現在、息子の虫歯は完治しましたが、一度虫歯になってしまうと虫歯になりやすい体質になるとのことで、不安はなくなりません。
幼少期の虫歯は特に危険ということもあり、少しでも息子が苦しまずに済むように、今後は一切息子に虫歯菌を移さない行動を心掛けています。

その行動とは、定期的に歯医者に通うことです。
ひとまず放置していた虫歯を治療してもらってから、定期的に検査してもらい虫歯がないかをチェックしています。
幸いにも歯磨きや食生活に気を付けている甲斐もあり、学生時代が嘘のように虫歯になりません。
息子が虫歯になってしまったのは後悔してもしきれないくらいの出来事だったので、今後も徹底していくつもりです。