新小岩周辺ささき歯科 ホーム
歯科医院コラム
歯を支える骨が溶け始めている

歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

歯を支える骨が溶け始めている

更新
歯の模型 「歯周病」や「虫歯」という言葉は誰もが知っている歯の病気ですが、自分は大丈夫だろうという軽い気持ちを持っている人は多いと思います。
私は毎日歯を磨いているのですが、きちんと時間をかけて歯磨きをしたり、歯間ブラシを使ってケアするということはありませんでした。
そのため、自分では見えない歯周ポケットにどんどん汚れが溜まったり、虫歯の菌が増えていたことに気付かなかったです。
虫歯を感じたのは、痛みと歯がグラグラになるという症状が出たことがきっかけです。
この時、生まれて初めて自分から病院に行こうという気持ちになりました。
今までは仕事にかまけて歯医者に行かなかったのですが、歯に痛みがありグラグラになったことを考えると、近いうちに歯が抜けてしまうのではないかと怖い気持ちが強くなり、抜けたら困ると思いました。

歯医者では歯周病と虫歯が進行していて、歯を支える骨が溶け始めていると聞かされました。
虫歯が進行すると歯が抜けてしまい歯並びが悪くなる恐れもあると言われ、インプラントで抜けた歯の代用をして歯並びが悪くなるのを抑えるか、虫歯の治療をして歯が抜けないようにするかという選択を強いられました。
もちろん私は虫歯を治療をする方を選択したのですが、虫歯はかなり進行していて歯を残すのが難しいかもしれないと言われました。
まだ、40代ということで虫歯が原因で歯が抜けたり、インプラントをするというのはとても恥ずかしく、どうしても歯を抜かずに治療をしたいと強く願っていました。
歯医者で虫歯の治療を進めていくと、運良くキレイに治すことができ安心しています。
虫歯で歯を抜いていたら、今頃はどうなっていたかと思うとゾッとします。
虫歯の治療だけで収まった分、インプラントにかかる費用もなくなり正直少し安心しています。
もっと早くに治療をしていれば、こんな思いをしなくても良かったのではないかと後悔し、今は虫歯ができないように毎日のケアを怠っていません。