新小岩周辺ささき歯科 ホーム
歯科医院コラム
親知らずが虫歯になって後悔したこと

歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

親知らずが虫歯になって後悔したこと

更新
親不知が痛くてほほを抑えているイメージ 親知らずは奥歯のさらに奥に生えてしまう歯のことで、この歯は大人になって生えてきます。
大人になると必ず生えてくるということでもないため、自分は生えてこないだろうと思っていました。
しかし、それから半年くらいの年月が流れると、歯茎にズキズキした痛みがあると感じるようになりました。
そこは奥歯のさらに奥の部分で、「親知らずが生えてきたのか?」と思っていました。
それから多少の痛みを感じることは多々あったのですが、まだ大丈夫だろうと勝手に思い込み、病院には行きませんでした。
ですが、仕事をしている時に何気なく指でその場所を触ってみると、完全に親知らずが出きていると感じたのです。

指で触った感じでは親知らずが生え切っていますが、その時は痛みを感じなかったので少し様子を見ることにしました。
痛みが出始めたと感じた時は仕事の忙しさもあり、とてもではありませんが歯医者に通ったり、親知らずを抜いた後に仕事を休んだり、という状況ではありません。
仕方なく仕事をしていると、どんどん痛みが増していき、これはマズイと思って歯医者を訪れてみると親知らずが虫歯になり、ボロボロの状態となって痛みが出ていると言われました。
虫歯が原因で痛みが出ているなら親知らずを抜いた方が良いと思い、仕事を休めるように調整するまで薬を飲んで痛みを和らげていました。
しかし、鎮痛剤を飲まないと痛みが強くて物を噛むことさえできなくなり、親知らずが虫歯になることがこんなにも辛いのかと思い知らされました。

親知らずを抜いた後は傷口が少し痛むのですが、虫歯状の親知らずを抜いたということもあり、清々しい気持ちを感じ、これで痛みに悩まされることもなくなると安堵の気持ちもありました。
もっと早く歯医者に通って親知らずを抜いていれば、虫歯になることもなかったのではないかと思います。
今後、別の場所に親知らずが生えてきた時は、虫歯にならないようにすぐに対処しようと考えています。