歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

健康な歯のままでいたい

更新
歯医者へ相談している男性 私はいい歳になって、今さらながら歯の大切さを実感しています。
「たかが歯されど歯」とはよく言ったものですが、人の歯はなくてはならない器官の1つです。
たとえ1つの歯であっても、それがなくなれば大変なことになります。
今まで何も気にすることなく食事をしていた人が、1本の歯がなくなったことで食事に苦労することもあると言います。
今はインプラントなど便利なものもできていますが、やはり自分の歯で食事をしたいのが人間です。
そのためには大切な歯を失くさないようにする必要があります。
歯を失くさないようにするには、自己予防をしっかり行うことが必要とは、私自身が歯医者さんから言われました。
普段から自分の歯に関心を持ち、メンテナンスを心がけることが大切ですね。

分かっていても仕事などで忙しい時は、毎日の歯磨きをついサボってしまう人もいるのではないでしょうか?
その状態が続いて、いつの間にか歯磨きしないことが当たり前になり、ある日気づいたら虫歯や歯槽膿漏などの病気になったら大変です。
実際に私がそれです。
この虫歯や歯槽膿漏は、歯医者さんで治療したら良くなりました。
しかしたとえ良くなったとしても、それが健康な歯に勝つことはありません。
今まで美味しく食べていた食事も虫歯や歯槽膿漏のせいで、まずく感じてしまうこともあるからです。
私も経験者ですので、その時の思いがよく解かります。
一生涯自分の歯で食事ができることほど、幸せなことはありません。
それに気付けたのが歯が悪くなってからですから、こんなに辛いことはないです。
今からでも遅くはありませんので、自分の歯のメンテナンスをしてください。

歯のメンテナンスも、特に難しいことはないと思います。
毎日の歯磨きに加え定期的に歯医者さんに通って、歯石を取ってもらえばいいだけです。
この歯医者さんに通う頻度ですが3~6ヶ月など、かかりつけの歯医者さんによって異なるそうです。
通うことになりそうな歯医者さんを確認しておくことをおすすめします。
健康な歯でいられるのは、現時点で健康な歯を持っている人だけです。