歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

歯間ブラシも使いましょう

更新
歯磨きでは普通の歯ブラシや電動歯ブラシなどを利用している方が多いと思いますが、それだけでは足らないそうです。
何が足りないのか分かる方は、日頃から歯に関心を持っている人だと思います。
私は歯医者さんで初めてそれを聞いてからと言うもの、現在も使用し続けています。
その足りないものというのが歯間ブラシです。
歯ブラシと並行して、この歯間ブラシでキレイにする必要があるようです。

私は元々歯間ブラシは使用していませんでした。
歯間ブラシの大切さを知ったのは、虫歯治療で歯医者さんを訪れた時です。
歯科衛生士の方から、「歯磨きの際は、歯間ブラシも一緒に使った方が虫歯を防止できますよ」と言われたからです。
実際に歯間ブラシを使い始めた人の、虫歯が減った時の口コミなども見せてもらいました。
それから歯磨きする時には、必ず歯ブラシと歯間ブラシをセットで使うようになりました。

確かに最近の歯ブラシは以前のものと比べて、機能はよくなっているかもしれません。
しかしだからと言って、それで歯の間の汚れがキレイに落ちる保証はどこにもないのです。
いくら性能の良い歯ブラシであっても、すべての歯の隙間にある汚れを取るのは困難と言えます。
歯の間をくまなく探せば、どこかに磨き残しがあります。
そしてその磨き残しが積もり積もってやがて虫歯になったり、歯周病になったりして日常生活に支障をきたすようになるのです。

そのような事態を防いでくれるのが歯間ブラシであり、歯ブラシで磨く前また磨いた後に使用すれば、歯と歯の隙間についた汚れを落としてくれます。
ちょっと大げさかもしれませんが、「歯間ブラシは様々な病気を守ってくれる大切な武器」と言っても過言ではないと思います。
少なくとも私はそのように思っています。
歯間ブラシを使うようになってから、虫歯になる頻度が減ってきたのは事実です。
とても効果がありますので、使用していない方は始めることをおすすめします。