歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

早く行っておけば良かった

更新
私は小学校、中学校、高校での歯科検診で一度も虫歯と診断されたことがありませんでした。
朝食後、昼食後、夕食後と、3回欠かさずにしっかりと歯磨きをしていたので、虫歯にならないことは自分の中では当たり前でした。

虫歯になったことがないので、もちろん歯医者に行く機会はありませんでした。
そのため、歯医者での治療がどれほどのものなのかは全くといっていいほど想像もつきませんでした。
小さい頃から親に口うるさく歯磨きの事は言われていました。

最初の頃は本当に面倒くさいなと思ってばかりでした。
ですが高校生くらいになると口うるさく歯磨きをしろと言ってくれた親に感謝していましたし、完全に歯磨きが習慣化していたので今後も虫歯になることはないだろうと思っていました。

高校卒業後、社会人になって仕事を始めたことにより今までと生活が大きく変わったことで、今まで習慣化していた歯磨きをしないことが増えていき、1日1回できればいいだろうという考えになりました。

私の仕事は日勤、夜勤とバラバラで、生活リズムが乱れることは仕方なかったのですが、恐らく歯磨きをしなくなったのは今まで当たり前のように整っていた生活リズムの乱れが原因でした。

学校に行ってる時は決まった時間に起き、決まった時間に食べ、決まった時間に寝るというリズムがあったので歯磨きも食後や寝る前と、タイミングを定めやすかったのですが、日勤、夜勤が決まってないと食べる時間も寝る時間も定まりません。

そのため、歯磨きをするリズムを作れませんでした。
社会人になって一年ほど経った頃に強い歯の痛みに襲われ、夜も眠れないほどでした。歯医者に行ったことがなかったことで不安が痛みに勝り恐くて治療に行けませんでした。

痛みが出てからすぐに歯医者に行かなかったことが原因で、私は歯を抜くことになってしまいました。
歯医者の治療の痛みより、放置したことによる痛みのほうが明らかに強く、もっと早く歯医者に行っておけばと思いました。