歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

歯科矯正しなかったこと

更新
私は歯医者さんで歯科矯正をしなかったことを後悔しています。
小さな頃から気になっていたことなのですが、私は歯並びがあまり良くありません。
むしろ悪いくらいですので、大人になるにつれてそれがコンプレックスになってきました。
また、歯科矯正は大人になって歯がしっかり生えた頃に行うと費用も時間もその分多くなるといわれています。

よく「歯科矯正は子供の頃にやっておいた方がいい」といわれていましたが、私のお家は歯科矯正をするほどのお金の余裕がありませんでした。
いくらコンプレックスとはいえ、親にそのお金を全て負担していただくわけにはいきませんでした。
いくらかかるのかもわかりませんでしたし、親に歯科矯正をしたいからお金を出してほしいとも頼むことはできませんでした。
そのまま大人になりましたが、接客業についたこともあり、歯並びが悪いことを余計に気にするようになってしまいました。
友達に大人になってから歯科矯正を始めた人がいるのですが、1年以上経った今でもまだ矯正は完了していないようです。
やはり大人になってからだと歯がしっかりと生え揃っているので、矯正するのは長い目でみていく必要があります。

痛みもかなりあるようで、食べるものも制限しなくてはならないことが何より辛いといいます。
私はそのようなお話を聞いて、歯科矯正するか迷いましたが、とりあえず歯医者に行って相談してみることにしました。
そこではっきりと歯医者さんに「子供の頃に矯正したほうが費用も時間も負担も少なくなる」と言われました。
もう大人なんだから今そんなこと言われても困ると思いましたが、あの時にコンプレックスになっているから歯科矯正をしたいと親に一言相談していただけでも何かが変わっていたかもしれません。
結局、歯医者に行って相談しただけで歯科矯正をする決意はしませんでした。
後悔しても仕方がないので私は前を向いていますが、同じように悩んでいる人は小さい頃に早い決意をお勧めします。