歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

良い仕事は健康な歯から!

更新
私はトラックドライバーを生業として30年以上になります。
今でこそ働き方改革によって休日が増えましたが、かつてはトラックドライバーの休日は日曜祝日のみで、時には祝日も出勤していました。
そのため歯が痛くても歯医者に行くことができず、痛みが酷くなって腫れあがっても湿布薬や痛み止めを服用しながら仕事していました。

そのうち痛みはなくなり、そのまま放置していたのですが、ある日食事をしていて違和感を覚え鏡で見てみると、奥歯が欠けていたのです。
それでも歯医者に行くことができず、更に放置していると隣の歯まで同様に欠け、ほとんど無くなっていました。
そうなると食事をするにも上手く噛むことができなくなり、美味しく食べることができなくなりました。
これではまずいと思い、一念発起して休みを取って歯医者へ行きました。

しかし時すでに遅しで、小さく残った歯を抜きました。
先生にはインプラントかブリッジ、あるいは入れ歯との宣告を受け、ショックを受けたのを覚えています。
結局のところ虫歯は抜いたものの、インプラントやブリッジは通院が必要とのことで、またしばらくは歯医者に行けず放置していました。
その後はこれ以上酷くならないようにと、朝昼晩と歯を磨くようにしました。

それでも磨き残しがあったようで、次は前歯が痛み出し、奥歯同様に放置していたら前歯がだんだん黒ずみ、大きな隙間ができてしまい、見た目も悪く大きく口を開けて話すことができなくなり、前歯で物をかみ切ることもできなくなりました。
そんな中、今回の働き方改革によって、やっと土曜日の休日が取れるようになり歯医者へ行きましたが、更に歯の状態は悪くなっており、先生からはもうブリッジをすることができないのでインプラントか入れ歯との宣告を受けました。

見た目にはインプラントにしたかったのですが、費用と時間が掛かり過ぎるため、泣く泣く入れ歯にした次第です。
今思えば仕事に託けて歯医者に行かなかったことを悔やむと同時に、歯の手入れが如何に重要かを思い知らされました。