新小岩周辺ささき歯科 ホーム
歯科医院コラム
痛みから逃げたら再び痛みに襲われる

歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

痛みから逃げたら再び痛みに襲われる

更新
4年ほど前、歯医者で右上の治療してあった奥歯の詰め物が取れたので診ていただきました。
すると先生からその奥の親知らずが曲がって出てきたことから磨き難くなり、治療してあった虫歯がまた虫歯になり、詰め物が取れたと教えてもらいました。

そこで先生から「親知らずを抜きますか?」と尋ねられました。
そのまま放置すると「アゴが疲れてしまうでしょうし、治療の難しい角度です。歯周病の原因になる可能性も高いので抜くことをお勧めしますよ」と言われ、驚きました。

先生にそう言われ、とっさに「抜く気は無いです」と伝えてしまいましたが、先生は抜くことを勧めてきます。
通い始めてからそれほど時間は経ってなかったのですが、先生を信頼していましたし、他の親知らずもできれば抜いた方が良いとのことでしたが、結局即答できず次の診察までにはと、その日は帰ってきました。
家に帰ってネットで調べたり、友人に相談したりして今の歯さえ治療できれば問題ないと思い、抜きませんでした。
それから月日は流れ、1年半ほど経ったある日食事をしていると、奥歯の奥に食べ物が挟まったような違和感を覚えたのですが、痛みがなかったため放置していました。

ところが違和感があった奥歯が突如痛み出し、耐えきれなくなったため歯医者に行きました。
すると4年ほど前に治療してあった虫歯の詰め物が取れ、治療してもらった時に神経を取っていたため、その歯が虫歯になっても気づかず、その奥の親知らずまで虫歯になっていると言うのです。
先生からは「親知らずが虫歯になったら治療はしないで、すぐに抜歯します」と言われました。

その後は、親知らずの手前にあった歯を三度治療することになりました。
結局4年ほど前に先生から親知らずの抜歯を勧められて断わったことが、治療してあった虫歯まで治療しなければならないことに繋がったみたいです。

先生に言われたときは恐怖心もあって断わったのですが、結局親知らずを抜かなかったことで磨き難くなり、虫歯を進行させることになってしまいました。