歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

歯医者に行かず後悔した事

更新
歯医者 店内写真 35歳男性会社員です。
私が歯医者に行かず後悔した事は虫歯が進行して歯が折れた事です。
私は高校卒業時までは虫歯はありませんでした。
毎年の歯科検診はいつも問題無く、歯が健康な生徒として校内に貼り出されたりしました。
それ自体は別に嬉しい事でもなく、虫歯が無いのは当たり前の事だと思っていました。
特に虫歯にならない様に気を使って生活していた訳でも無かった為、自分は虫歯にならない
ものだと根拠も無く思い込んでいました。
しかし、その後数年経った時に上の歯の左奥の親知らずに違和感を覚えました。
舌で触ると何か引っかかる感じがしたのです。ですがまさか虫歯とは思いもよらず、歯がそんな形であることに今まで気づかなかっただけだと思いました。
むしろ今思うとそう思い込んだというところだと思います。
ところがその後もその引っかかりはどんどん大きくなっていきました。明らかに歯が欠けてきていました。
しかしそれでも歯が痛くなったり冷たいものがしみたりもしなかった為歯医者に行きませんでした。歯医者に行った記憶が無い為必要以上に歯医者を恐れていたというのも一つの理由です。
しかしそれからさらに数年後ついに歯が折れました。中がスカスカになった状態でした。
そこでやっと歯医者に行く事を決意しました。そして歯医者に行くと歯科医師の方に「ああ。虫歯ですね。抜きましょう。」と言われました。
私としてはやはり虫歯だったか。という思いとともに歯が折れるまで放っておいた事に関しては何もなく一言で終わってしまった事に対する寂しさも有りました。
正直こんなになるまで放っていた事に関して叱られたりする覚悟とともに薄っすらとした期待も有ったわけです。歯が折れるまでの数年間が一瞬で、たった一言で終わってしまったのです。
そして親知らずは抜かれる事になりました。抜く時には歯の根っこが曲がっているとの事で歯科医師の方が少し苦労しながら抜いてくれました。親知らずのせめてもの抵抗でした。
こうして長年気になっていた親知らずは無事に抜かれました。こんな事ならさっさと歯医者に行っておけば良かったと後悔しました。
そうすればこの親知らずは自分の上の歯の左の一番端っこに今でも鎮座していた事でしょう。無駄に長い間気にし続ける事もなく、さっと治療して終わっていた筈です。
こんな妙な寂しい気分になる事も痛い思いをして親知らずを抜く事も無かった筈です。
今後は気になったらさっさと歯医者に行こうと思います。