新小岩周辺ささき歯科 ホーム
歯科医院コラム
虫歯が出来にくい体質だと思っていたら

歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

虫歯が出来にくい体質だと思っていたら

更新
私は大の甘いもの好きで、お菓子、チョコレート、飴などを好んでよく食べます。
昔から虫歯とは無縁で、歯も一日一回磨く程度でした。
そのため自由気ままに、好きな時に好きなだけ甘いものを摂取するといった生活を送っていました。
人間とは不思議なことに、問題がなければ定期健診など行かなくて良い、と勝手な判断を下します。
以前雑誌かなにかで「虫歯になりにくい人」という記事を読んだとき、虫歯ができにくい理由のひとつで、「遺伝」が関係していることを知りました。
私が周りの人と比べ、明らかに糖分の摂取量が多いにも関わらず、それでも虫歯ができないのはきっと遺伝なんだなと慢心しておりました。

ある日のこと、いつものようにチョコレートを食べていた時のことです。
口の中で「ガリッ」という異音と共に、不快な触感を感じました。
思わずチョコレートを口から吐き出し、原因を調べました。
すると白いかけらのようなものが混じってました。私はそれがすぐに自分の歯だと気付きました。
自分の歯なのに全く気が付かないどころか痛みすらなく、自然に奥歯が欠けていました。
こんなことが現実にあるのかと自身を疑いましたが、毎日甘いものばかり食べ、歯の定期健診を怠って、必要以上に歯を酷使していれば当然の事です。かなり無理をさせていたことでしょう。

それから私はすぐに歯医者に向かいました。
結果「虫歯」でした。私自身虫歯になりにくい体質とはいえ、いくら何でも過信し過ぎました。
油断は禁物です。今回の出来事をきっかけに、一度自身の歯を検診していただきました。
虫歯のほかに歯周病の進行、歯石も大量に溜まった状態でした。
歯には自信があった私は愕然としました。こんなにもボロボロだったなんて。
幸い大事には至りませんでしたが、欠けた奥歯は欠損部分が大きく、あと少しで神経を抜かなければならないところでした。
何事にも絶対はなく、定期的に検診するのが最適だと思いました。
定期的に診てもらうことで、歯の健康状態を保ちながら歯石除去で綺麗にしてもらえる。そして何より安心して日々の生活を過ごすことができます。
これからは歯にも気を使いながら、甘いものもなるべく控え、毎日健康に過ごしていきたいと思います。 .