歯医者さんに通っておけばよかったと思った後悔ポイント

半年に一度は歯の検診

更新
定期健診イメージ 恥ずかしい話になりますが、私は学生時代に歯医者に行って以来、もう10年近く行っていませんでした。
その間、虫歯による痛みの自覚もなかったので、特に歯医者さんを意識することもありませんでした。
今思うと、何もなくても定期検査に行っておけば良かったなと思っています。
定期的に歯のメンテナンスに行っている人も多いと思いますが、歯医者さんは特に痛くなくても通って良いそうです。
私はそれまで、そのような知識はありませんでした。
歯というのは、定期検査も大切なんです。
特に痛みはなくても定期的に歯医者さんに行って、歯石除去、ブラッシングなどのメンテナンスを行う必要があります。
この前、久しぶりに歯医者さんに行った時に先生から指導を受けました。

以前に奥歯を治療した際の詰め物が取れたので、そのための治療でした。
流石に、歯に大きな穴が空いた状態では生活できません。
そして奥歯の治療をしている時に、歯のメンテナンスの指導を受けました。
最近は何でも、若い人の間にも歯周病になる人が増えているそうです。
それは、歯のメンテナンスを怠っているからです。
たとえ歯は痛くなくても、知らない間に歯石、歯垢が溜まり、ある日突然歯が痛んでくるのだそうです。
先生の話を聞いて、私は歯のメンテナンスの重要性を認識しました。
奥歯の治療に行った日も、もちろん歯のメンテナンスをしてもらいました。
毎日の歯磨きが良かったのか、幸い大事には至りませんでした。

定期的な歯のメンテナンスは歯医者さんによって、そのスパンは異なるようです。
3ヶ月、4ヶ月、半年毎など頻度はまちまちです。
歯医者さんでは一応指針は示してくれますが、後は自分で決める人が多いみたいです。
特に気にならないのであれば半年毎に、また気になるのであれば3ヶ月毎に行けば良いと思います。
私は、半年毎にメンテナンスに行くようにしています。
以前も、しっかりメンテナンスをしておけば良かったなと思いましたので、皆さんも定期的なメンテナンスは忘れないでください。