新小岩周辺ささき歯科 ホーム
レーザー・プラセンタ治療

レーザー・プラセンタ治療

レーザー治療について

ご存知ですか?レーザーによる最新歯科治療

様々な歯科治療に応用が可能です。
そのほとんどにおいて、痛み・出血がありません。

口内炎 口内炎
白くなっている部分の表面に薄い膜を作り、痛みを消失させます。
治りも早くなります。
むし歯予防(歯質の強化) むし歯予防(歯質の強化)
歯の表面にレーザーを照射すると酸に強い歯質に変化します。
この効能を活用して、むし歯になりやすい部分に予めレーザーを照射します。痛みはありません。
むし歯 むし歯
一点に集まるレーザーの性質を利用して感染したところだけを除去できます。健康な歯質を殺菌します。ほとんど痛みはありません。
歯周病 歯周病
歯周ポケット内の歯石除去や炎症を起こしている組織を切除できます。殺菌消毒と切開、止血を同時に行うことができ、治りが早くなります。
歯肉治療・根の治療 歯内療法
レーザーの特性を発揮できるのが細い管である歯の根治療です。
感染した歯髄を殺菌消毒しながら除去し、同時に組織の回復力を刺繍して治りをよくします。
歯肉の色素沈着 歯肉の色素沈着
メラニン色素が沈着し、黒っぽくなっている部分にレーザーをあてることで着色部分を除去します。
痛みも無く、短期間できれいなピンク色の歯肉になります。
知覚過敏症 知覚過敏症
冷たいもの、甘いものが葉にしみる知覚過敏の症状を、刺激の伝わる管(象牙細管)内のタンパク質を変化させることで軽くします。

痛みが少なく、安全で体に優しい治療を提供します。
レーザーは切開や切除・止血・消毒・殺菌などを一度に行えます。そのため体への負担も痛みも少なくすみます。しかもレーザーには細胞を活性化する働きがあり、傷の治りを良くします。

レーザ ー治療 当院で使用しているルミックス2は歯科疼痛緩和レーザ ーの最新機器です。
数分間コールドレーザーを照射する事により、バイオスティミレーションが起こり、細胞、血管、神経への組織活性化に伴い、人間が本来持つ自然治癒能力を向上させます。

プラセンタ治療について

美容・アンチエイジング効果のイメージが強いプラセンタですが実は歯科の分野でも効果を発揮します。
プラセンタ(胎盤)療法とは、どのようなものかご紹介いたします。

プラセンタって何?

胎児と母体 日本語でいうと胎盤のことです。
胎盤は赤ちゃん(胎児)を母体内で育てるために、妊娠中に臨時につくられる臓器です。

なぜプラセンタが身体にいいの?

プラセンタは、受精卵を約10ヶ月で約60兆個の細胞(人間は約60兆個の細胞でつくられています)まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。
プラセンタはそのためにさまざまな生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。
プラセンタは他の組織や臓器が含んでいないさまざまな活性物質を総合的に含んでいるのです。

歯科でのプラセンタ療法とは?

プラセンタ療法とは、多くの薬理作用を持つ胎盤抽出エキスを用いた治療方法で、50年以上前から製造される注射薬やサプリメントが治療に使われています。
いずれも人工的に合成されたものではなく、大きな副作用もないためどなたでもご利用いただけます。
歯科医院では以下の治療に活用されています。

歯周病、インプラントと併用、口内炎、顎関節症、舌炎、口腔内乾燥症など

医科でプラセンタが使用される病気

プラセンタの持つ幅広い薬理作用により、医科では下記の病気に使用されています。
内科 頭痛・口内炎・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・肝硬変・パーキンソン病・るいそう・腎炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・貧血・十二指腸潰瘍
整形外科 肩こり・むちうち・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・リウマチ・関節痛・神経痛
婦人科 更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え性・子宮筋腫
皮膚科 アトピー性皮膚炎・肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚腫瘍・白斑・水虫
神経科 自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん
泌尿器科 前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎
眼科 アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・緑内障・角膜炎
耳鼻科 アレルギー性鼻炎・耳鳴り・めまい・難聴・メニエール病・嗅覚低下
その他 手術・外傷後の治癒促進、抗ガン剤、放射線後の副作用軽減、現代医学では治しづらい病気に効く

Q.なぜプラセンタが歯周病にいいの?

歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)が生み出す毒素ですが、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの影響などの全身状態によって症状は進行します。
プラセンタは免疫の活性作用をはじめ、細胞の修復、抗炎症、血流促進、ホルモンバランス調整など多方面から歯周病の発生原因や症状に対して作用します。

Q.なぜ外科的処置にプラセンタを併用するといいの?

プラセンタの効果の一つに創傷治癒促進作用(傷の治りを早める)があります。
インプラント治療や抜歯の際にプラセンタを併用すると、その際できた傷の修復を助けます。

プラセンタに含まれる主な栄養素

日本語でいうと胎盤のことです。
胎盤は赤ちゃん(胎児)を母体内で育てるために、妊娠中に臨時につくられる臓器です。
アミノ酸 ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニン
活性ペプチド 薬理活性の中心であるグロスファクターが数多く確認されている
タンパク質 アルブミン、グロブリンなど
脂質・脂肪酸 コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸、バルミチン酸など
糖質 グルコース、ガラクトース、ショ糖など
ムコ多糖体 ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など
ビタミン ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなど
ミネラル カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など
核酸 DNA、RNA、及び代謝産物
酵素 アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸など100種類近くが確認されている

一般的にプラセンタ療法は注射が用いられますが当院では手軽にご利用いただける医療機関専用のプラセンタ製品をご用意しています。

メルスモンピュアカプセル プラセンタサプリメント
「プラセンタ注射の効果をご自宅で手軽に!」
をコンセプトに開発された高濃度・高品質のサプリメントです。
プラセンタ配合ジェル また患部など直接口腔内に使用可能なプラセンタ配合ジェルもございます。
※サプリメントなどのプラセンタ製品は医療機関専売品をおすすめします。
詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。